コペリウスへの回廊 素晴らしき音の回帰

コペリウスが今再び素晴らしき音楽を蘇らせる。19世紀に登場した6人の紳士。しっかり着飾られたフロックコート、見栄えの良いシルクハット、 そして靴もきちんと磨かれている。

クラリネット、チェロ、コントラバス、バトラー、そして日本人ドラマーという編成が室内楽よりもポテンシャルを秘めていることは彼らにとってすでに周知の事実なのである。ドイツのロマン主義時代の流れを受け継いだアンサンブルは今日より一層大きくなっていく。

そしてそれを体験したものはバンドをこのように定理する:

COPPELIUS HELPS! (コペリウスが人の苦境を救ってくれる!)

[メンバーの部屋をノック!]

   zum Zimmer von Comte Caspar           

Navigation einblenden