KLEIN ZACHES, GEN. ZINNOBER 世界初スチームパンクオペラ

 

                     コペリウス主演スチームパンクオペラ
 

"KLEIN ZACHES, GENANNT ZINNOBER (ちびのツァヒェスまたの俗称をツィノーバー)"
「ホフマン物語より」

2015年11月14日、コペリウスの6人の紳士たちが待望の世界初スチームパンクオペラ初演を
ゲルゼンキルヒェン歌劇場(MiR)にて行うことを決定した。

オペラの台本となるのは暗黒のロマンチシズムを追求したドイツの奇才E.T.A.ホフマン著書の「ホフマン物語」に収められた“Klein Zaches, genannt Zinnober”(コペリウスの3rdアルバム“Zinnober”と混同しないように!)。そんなエキセントリックな作品を基にガリレオ顔負けのオペラプロジェクトが今まさに始まろうとしているのだ。

監督にセバスティアン・シュヴァ-ブ、そしてシンフォニックオーケストラ“Neuen Philharmonie Westfalen”を歌劇場に迎え、コペリウスが渾身のスチームパンクオペラをお届けする。

2015年11月14日に幕開けとなるゲルゼンキルヒェン歌劇場での初演を皆さまご一緒にどうぞお楽しみいただきたい。初演後の一般公演、およびチケットについての詳細はこちらから


Navigation einblenden